2014年03月02日

効果を実感するタイミング

一般的な例としては

1:抜け毛が軽減

2:毛にハリ・コシが出てくる

3:ボリュームがUP

という流れが育毛ケアのプロセスで多い流れになるので、
焦らずにまずは抜け毛の軽減をご実感ください。

よく失敗するケースは、1~2か月ごとにコロコロ育毛剤を変えてしまい、
結局どれも効き目がわからないという事になりがちです。WAKA
ご使用者のアンケート結果では大体6ヶ月程度で大きな変化が見られる
ケースが多いので、ここであきらめずに続けて使用し、もう少し様子を
見ればと思います。

また、頭皮や髪の毛の変化は目に見えてすぐにわかると
いうよりも、日々少しずつ変化していくものですので
小さな変化に気付かない場合がよくございます。

もし下記項目の中で少しでも変化が感じられれば、頭皮改善の
いい方向に向かっているかと思いますので、普段から少し意識して
小さなを変化を見逃さないようにしていきましょう!

★「変化チェックシート」★

■抜け毛が少し減ってきた
■髪にハリ・コシが出てきた
■ふけ・かゆみが減ってきた
■産毛が生えてきた
■髪の毛が太くなってきた
■頭皮が潤っている感じがする
■分け目が気にならなくなってきた
■髪の毛がふんわりしてきた
■髪にツヤが出てきた
■ボリュームが少し出てきた
posted by ぬっくん at 22:37| Comment(0) | ヘアケア | 更新情報をチェックする

普段からのヘアケア その2

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●ドライヤーは髪・頭皮に優しい
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

~自然乾燥の方が髪に悪影響
意外と知られていないドライヤーの真実~

「ドライヤーは髪に良くない」と考えている人が非常に多いと聞き
ますが、実は「自然乾燥の方が髪に悪影響」を及ぼします。

シャンプー後の濡れた髪を放置しておくと、水分が蒸発していく
なかで、頭皮の温度が下がり、頭皮の血行が悪くなって栄養や酸素
が十分に頭皮に行き渡らなくなり、薄毛や抜け毛の原因となります。

また髪の表面を保護するキューティクルは濡れた状態が最も傷つき
やすく、髪が痛む原因をつくりやすい環境となります。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●ドライヤーの正しい使い方
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

~温風・熱風で乾かし、冷風で整える!~

 [1]タオルで十分に髪と頭皮の水分を拭き取る
  ↓
 [2]ドライヤーを温風・熱風にし、1箇所に集中させずに
    15~20cm程度離し、髪の根本から乾かす。
  ↓
 [3]全体が乾いてきたら、冷風にして頭皮に残った熱・蒸れを取る
  ↓
 [4]髪の根本が完全に乾いてきたらドライヤーを止め、自然乾燥


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●冷風機能はとってもおトク!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

~頭皮の熱・蒸れ防止以外にも
セットが整いやすい効果などがあります~

冷風ってなかなか使う機会がないという方が非常に多いようですが、
冷風を利用することで髪の健康を保つキューティクルが閉じ、成分
が保護されることで髪を保護してくれます。

またセットが整いやすい効果がでるなど冷風機能には
おトクな効果があったんですね。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●ブラッシングは最後に!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

~髪と頭皮が乾いてからのブラッシングがポイント~

絡まった髪を根元から一気にブラッシングすると、
枝毛や切れ毛の原因になる恐れがあります。

また、髪が乾く前の段階ではキューティクルを痛め、
髪が傷む原因にもなります。
ブラッシングは毛先から少しずつブラシを通していきましょう。
posted by ぬっくん at 22:32| Comment(0) | ヘアケア | 更新情報をチェックする

普段からのヘアケア その1

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●シャンプーの目的は「頭皮を清潔に保つこと」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

~シャンプーを手のひらで泡立て
泡で頭皮についた皮脂を溶かすようなイメージで!~

充分な量の泡で、頭皮についた汚れや皮脂をシャンプーの泡に
溶かしだすよう丁寧に優しく洗います。
しっかり洗おうと、くれぐれも爪をたててゴシゴシ洗わないように
してください。
頭皮が傷つかないよう指の腹を使いながら、泡で顔を洗う洗顔のよ
うなイメージが頭皮を清潔に保ち、「WAKA」の浸透効果を高め
ます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●コンディショナー・トリートメントの注意点
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

~頭皮ではなく、毛先の方から丁寧に髪へ塗布~

「WAKA」を利用するからといってもコンディショナー・トリー
トメントは通常どおり使っても大丈夫です。
ただ、頭皮に塗布してしまうと、浸透効果の妨げになるので
なるべく髪の毛だけに塗布することを心掛けましょう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●すすぎ残しをつくらない
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

~「WAKA」の効果を高めるにはすすぎが大切!
 頭皮にはすすぎ残しを残さないこと~

頭皮にシャンプーのすすぎ残しがあると、WAKAの
浸透の妨げになってしまいます。
また、フケやかゆみの発生の原因にもなりますので
すすぎ残しに注意。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●湯船に浸かって体を芯から温める
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

~心身ともにスッキリが効果的~

お風呂はシャワーで簡単に済ませてしまうことがあると思いますが、
できるだけ湯船に浸かり、汗をかくことで体内の老廃物・毒素が排
出されます。
デトックス効果のある入浴剤をつかえば、より効果的です。

育毛効果を高めるためにはストレスコントロールも非常に重要
ですので入浴によってリラックスすることも効果的です。
posted by ぬっくん at 22:25| Comment(0) | ヘアケア | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。